腰痛対策

軽い息切れ程度のエクササイズが”慢性腰痛”に効果的

腰痛に対する有酸素運動の効果

【記事のポイント】
1. 有酸素運動は慢性腰痛の痛みや、身体的障害・精神的障害の改善に効果的である.
2. 有酸素運動は、それぞれの体力レベルに合わせて強度を調整でき、特別な道具を必要としない.
3. 慢性腰痛で悩んでいる方は、日常生活に簡単な有酸素運動を取り入れてみると良いかもしれない.

腰痛を予防するために必要な運動とはや、慢性腰痛に対するウォーキングの効果とは!?でご紹介した様に、腰痛に対する運動の効果は、いくつか報告されています。
それでは、3ヶ月以上も続く慢性的な腰痛に対して、一般的な有酸素運動(ウォーキンやジョギング、水泳など)の効果は、どれほど認められているのでしょうか
今回ご紹介する研究では、有酸素運動は慢性腰痛に伴う痛みや、腰痛による身体的障害(痛みで日常生活が障害される度合い)や精神的障害(痛みで気持ちが落ち込んでしまう度合い)の改善に関して、効果的であるという報告がされました。

有酸素運動の慢性腰痛への効果を検証

この報告では、これまでに報告された、慢性腰痛に対する有酸素運動の効果を検証した医学論文を検索し、質の高い論文のみをまとめることで、その効果の確からしさを検証しました。慢性腰痛への有酸素運動の効果は、以下の項目で評価されました。

■ 腰の痛みの程度
■ 腰痛による身体的障害の程度
■ 腰痛による精神的障害の程度

検索の結果、8本の研究(合計対象者数310名)が質の高い論文として抽出されました。

有酸素運動は慢性腰痛に効果的

有酸素運動は慢性腰痛に効果的

(c) hagamera – Fotolia.com

本研究の結果、有酸素運動を行なった後は、慢性腰痛の痛みの程度や、痛みによる身体的障害の程度、痛みによる精神的障害の程度が明らかに改善していました。すなわち、有酸素運動は慢性腰痛に効果的な対策方法であると考えることができます。
この有酸素運動は、運動の強度が強いことはほとんどないため、腰痛対策の一つとして安全に取り組める内容です。

有酸素運動の習慣を取り入れて、慢性腰痛の改善を

有酸素運動に該当する運動の強度は、少し息が弾むくらいの程度運動しながら人と会話ができる程度やや汗ばむくらいの程度と言われています。
自身の体力に合わせて調整が出来ることや、特別な道具を必要としないため、日常生活に取り入れやすい運動だと思われます。
慢性的な腰痛で悩まれている方は、近所を30分程度散歩するくらいの、簡単な運動から取り入れてみてはいかがでしょうか。

(鈴木祐介)


▼参考文献
タイトル: Efficacy of aerobic exercise for treatment of chronic low back pain: a meta-analysis.
雑誌名: Am J Phys Med Rehabil. 2015 May;94(5):358-65. doi: 10.1097
[PMID: 25299528]