腰痛に対する水中運動療法の効果ー最新の知見からー

水中運動療法(アクアビクス)の腰痛への効果

(c) Robert Kneschke - Fotolia.com

【記事のポイント】
1.水中運動療法の効果とは?
2.水中運動療法は有効?
3.腰痛を治すためには水中で運動したほうがいい?

腰痛を抱えている患者さんの治療の1つとして水中運動療法(プールで行う運動のことでアクアサイズとも言います)を行うことがあります。しかし、これまでのデータでは、その効果を科学的な根拠をもとに推奨するには不十分でした。今回の記事は、2017年に発表された最新の知見から水中運動療法の効果を紹介いたします。

過去の文献を調査

今回の調査は、4つの文献データベースから、2016年11月までに行われた過去のランダム化比較試験(科学的根拠を証明するために最も有力な研究試験の方法の一つ)を探す方法で行われました。ある一定の基準を満たした合計8件の研究結果がまとめられ、統計分析が行われました。

水中運動療法の効果とは?

以下の結果が得られました。

水中運動療法は、慢性(3ヶ月から8年半)の腰痛を持っている患者において:


■ 腰痛の痛みを和らげた
■ 身体機能を向上した

水中での運動療法は効果的!

水中での運動は体に浮力が働き、地上で運動するより楽に体を動かすことが出来ます。そのため、腰への負担を少なくして体を動かすことが出来ます。特に、腰痛が慢性化し、痛みがあまりにもひどいために体を動かせずにいる人へ最適と言えるでしょう

今回の調査でまとめられた研究は、全て慢性の腰痛を持っている患者を対象に行われました。そのため、急性の腰痛に対する水中運動療法の効果は分かりません。しかし、水中運動療法は、特に慢性の腰痛を持っている患者さんへのリハビリの1つの選択肢として有効であるという事が示されたのではないでしょうか。

腰痛を治すためには水中で運動したほうがいいの?

水中で運動をすることは、地上で運動するより負荷が低いという利点があります。しかし、運動の効果を普段の生活や動作などに反映させるためには、徐々に地上でも運動をしていくことが不可欠です。あくまで水中運動療法は、腰の痛みがひどい場合に、体を動きに慣らすためのスタート地点として考えるのが良いでしょう

(宮本 望都喜)


▼ 参考文献
タイトル:Aquatic Exercises in the Treatment of Low Back Pain: A Systematic Review of the Literature and Meta-Analysis of Eight Studies.
雑誌名:Am J Phys Med Rehabil. 2017 Jul 28.
[PMID: 28759476]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

SNSで購読

こちらも読まれています