腰痛に効くおすすめの飲み物とは?

腰痛に効くおすすめの飲み物

(c) M.studio - Fotolia.com

【記事のポイント】
1. 腰痛にはおすすめはビタミンCを多く含んだアセロラジュース!
2. 腰痛、高齢者の腰痛の予防におすすめは牛乳!
3. 女性の悩みPMS解消におすすめは牛乳、飲むヨーグルト、豆乳!

腰痛になったとき、できれば簡単にできて、辛くない方法で治したいと思ったことのある方は多いと思います。

実は飲み物、正確には、飲み物に含まれる栄養素に気を配ることで、腰痛予防の効果を得られる可能性もあるのです。

そこで今回は、腰痛をより手軽に予防・改善するために、腰痛におすすめの飲み物にはどんなものがあるのか、一般的な腰痛、高齢者に特有の腰痛、女性特有のPMS(月経前症候群)に伴う腰痛、それぞれに効く可能性のある飲み物を紹介していきます。

腰痛にはビタミンCを多く含んだ飲み物がおすすめ!

アメリカで行われた研究では、血液中のビタミンCが不足している方は、ビタミンCが不足していない方と比べて、腰痛発症のリスクが1.3倍高くなっていたと報告されています。

つまり、ビタミンCが不足することで、腰痛を発症する可能性が高くなるということになります(詳しくは「ある栄養素の不足が腰痛を引き起こす?」をご覧ください)。

しかし、ビタミンCは体内で作ることができません。そのため、飲食物を通して、ビタミンCを摂取する必要があります。

ではどの程度のビタミンCを摂取したら良いのでしょうか?日本人の食事摂取基準2015年版によれば、15歳以上の男女における1日のビタミンCの摂取推奨量は100mg、妊婦では110mg、授乳婦では145mgとされています。

また、ビタミンCは疲労回復の促進やストレスの軽減によいとされているため、ストレスを一因とする肩こりの改善効果も期待できるかもしれません。

ビタミンCを多く含む飲み物は?

ビタミンCを摂取する上でおすすめの飲み物は、アセロラジュースです。アセロラジュースには、果汁10%のものでおおよそ100mlあたり120mgのビタミンCが含まれています。

また、果汁100%のグレープフルーツジュースもおすすめです。コンビニなどで買いやすく、100mlあたり38mgのビタミンCが摂取できます。

一見レモンを含んだもののほうがビタミンCを摂取できそうな気がしますが、アセロラやグレープフルーツのほうが飲み物としては、効率よくビタミンCを摂取することが可能です。

フルーツジュースを購入する際には、果汁100%かどうかを確認して買うようにしましょう。フルーツジュースには加糖しているものも多いです。過去の研究では、加糖されたフルーツジュースを多く摂取している人は、2型糖尿病の発症リスク上がることが明らかとなっています。

現代はサプリメントで簡単に摂取できるというメリットはありますが、飲み過ぎる可能性があるというデメリットもあります。特に上限が設けられているわけではないですが、アメリカでは2000mgとされているようです。過剰摂取により下痢や吐き気などの報告もありますので、飲み過ぎにも気を付けましょう。

腰痛・高齢者の腰痛の予防には牛乳がおすすめ!

ここでは腰痛予防の観点と高齢者の腰痛に効く可能性がある飲み物について解説したいと思います。

それは「牛乳」です。

牛乳にはアミノ酸が豊富に含まれています。このアミノ酸は、筋肉のエネルギー源として働き、筋肉を修復する働きがあります。少し負荷の強い運動した後は、筋肉が破壊され、筋肉の線維を修復するためにアミノ酸が使われます。

つまり、うまくアミノ酸を含んだ飲み物を摂取することで筋力アップにつながるかもしれないということです。摂取のタイミングは、運動した後30分以内がおすすめです。

さらに、欧米の牛乳にはビタミンDが添加されたものが多くあります。理由は、ビタミンDに富んだ魚や卵黄を食べる機会が少ないことが挙げられます。ある研究結果によると、ビタミンDの摂取により、慢性腰痛の痛みの程度や慢性腰痛による日常生活の障害の程度が改善したとしています。また、その効果は比較的長期間継続すること示されました(詳しくは「慢性的な腰痛は、ビタミンDを摂取することで改善するのか!?」をご覧ください)。

ビタミンDは食べ物や飲み物から摂取でき、日光を浴びることで、体内で生成されます。しかし近年では、食生活の偏りや、運動不足、過剰な紫外線対策などで、慢性的なビタミンD不足に陥っている方も増加していると言われています。

ぜひ、太陽の下でウォーキングやジョギングなどの運動をして、牛乳を飲んでみてはいかがでしょうか。

牛乳は高齢者の腰痛にもおすすめ!

高齢者に多い腰痛の一つに、腰椎圧迫骨折というものがあります。腰椎圧迫骨折は、加齢に伴い、腰椎という腰の骨がもろくなり、多くは転倒した際に尻もちをついて起きます。

つまり、腰椎圧迫骨折の多くは、骨粗しょう症(骨密度が低下した状態)が併発しているため、骨粗しょう症に対する対策が重要となります。

そこで重要となる栄養素はカルシウムビタミンDです。皆さんもご存知のように、牛乳にはカルシウムが豊富に含まれています。また、先ほども述べたようにビタミンDを添加されたものもあります。そのため、高齢者の腰椎圧迫骨折の予防に対しては、牛乳が効果的といえます。

日本では、1日のカルシウム摂取量が最摂取量にも満たないと言われているため、意識的に摂取するようにしましょう。牛乳であれば1日に摂取するおすすめの量は、およそ200mlです。200mlの中にカルシウムが約230mg含まれているので、コップ1杯ほどの量で十分ということになります。

女性の悩みPMS解消におすすめの飲み物とは!?

PMS(月経前症候群)は、生理前に起こる多くの女性の抱える問題です。女性ホルモンのバランスの崩れが原因で起こると考えられており、イライラなどといった心の症状と、腰の痛みなどカラダの症状を生じさせます。

これまでにPMSの症状を緩和すると科学的に検証された栄養素があります。ここからは、PMSの症状緩和に効果的と言われる栄養素を多く含んだ飲み物を紹介していきます。

カルシウムを含んだ飲み物がおすすめ!

最新の研究では、カルシウムの摂取が PMSの症状を改善するという十分な科学的根拠が示されました(詳しくは「カルシウムがPMS(月経前症候群)の症状に効く!?最新の研究状況から」をご覧ください)。

しかし、カルシウムの副作用として、吐き気や頭痛があることも報告されています。この研究においては、1日あたり100~1200mgのカルシウムを摂取することが推奨されています。

カルシウムを含むおすすめの飲み物は、やはり牛乳や飲むヨーグルトなどの乳製品になります。どちらも100gあたり110mgものカルシウムを摂取することができます。

前項でもお伝えしましたが、牛乳の1日におけるおすすめの量は、およそ200mlです。200mlの中にカルシウムが約230mg含まれているので、コップ1杯ほどの量で十分ということになります。

これを聞くと、意外と飲めそうではないですか?
ぜひとも、チャレンジしてみてください。

ビタミンB1を含んだ飲み物がおすすめ!

また、ある研究にて、偽薬よりもビタミンB1を摂取するほうがPMSの心とカラダの症状を改善していたことが示されています(詳しくは「ビタミンB1がPMS(月経前症候群)の症状に効く!?」をご覧ください)。

ビタミンB1の摂取により、心の症状(イライラ感など)に関しては、摂取をする前後において、約35%の改善が認められ、カラダの症状(腰の痛みなど)に関しても、摂取前後で約21%の改善が認められたとしています。

ビタミンB1は神経の活動や筋肉の緊張を正常に保つ効果があり、子宮の攣縮(けいれん)によって起こる痛みに効果がある可能性が考えられています。そのため、PMS症状の緩和効果が認められたと考えられます。

ビタミンB1を飲み物で摂取する場合は、豆乳がおすすめです。豆乳にはビタミンB群が豊富に含まれているため、PMSの症状を軽減できるかもしれません。その他にも、お肌をきれいにする大豆イソフラボンや便秘解消に役立つオリゴ糖なども含まれているので、飲むことで期待できる効果はたくさんあります。

まとめ

まとめると、以下の飲み物が腰痛対策として効くかもしれません。


■ 腰痛におすすめな飲み物は、ビタミンCを多く含んだアセロラジュースやグレープフルーツジュース!100%果汁がおすすめ!
■ 腰痛、高齢者に多い腰の骨折の予防におすすめな飲み物は、アミノ酸やカルシウム、ビタミンDを含む牛乳!
■ 女性の悩みPMSの解消におすすめの飲み物は、カルシウムを多く含む牛乳や飲むヨーグルト、ビタミンB1を多く含む豆乳!

今回は腰痛におすすめの飲み物ということで、今までにポケットセラピストニュースでも紹介させていただいた内容も踏まえながら、腰痛におすすめの飲み物について解説してきました。
飲み物に含まれる栄養素に気を配りながら、腰痛の軽減や予防に役立ててみてはいかがでしょうか。

(諸麥 友博)

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

SNSで購読

こちらも読まれています