慢性腰痛に対する有酸素運動や筋力トレーニングの効果|6つの研究の知見から

監修者青山朋樹 / 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授(医師、Ph.D)

ライター鈴木祐介 / 理学療法士 / 修士号

(c) goodluz - Fotolia.com

(c) goodluz - Fotolia.com

【記事のポイント】
1. 慢性腰痛の痛みには有酸素運動と筋力トレーニングの両方が効果的である。
2. 慢性腰痛に伴う不安や気分の落ち込みには、筋力トレーニングが効果的である。
3. 自身の生活スタイルや症状に合わせて、運動による慢性腰痛の対策を。

慢性的な腰痛には運動が効果的だと報告されています。

しかし、運動といっても有酸素運動と筋力トレーニングがあり、どちらが慢性腰痛に効果的なのかは未だ意見が分かれています。

以前、慢性腰痛に対するウォーキングの効果は、筋トレやストレッチに劣らないことが判明!という記事でも慢性腰痛に対する運動の効果をご紹介しましたが、慢性腰痛の痛みや日常生活の障害、恐怖心に効果的であることを言及する内容でした。

今回ご紹介する研究では、慢性腰痛には有酸素運動と筋力トレーニングの両方とも効果的である可能性と、筋力トレーニングは不安や気分の落ち込みに効果的である可能性が示されましたので、ご紹介します。

慢性腰痛に対する有酸素運動と筋力トレーニングの効果とは?

この研究では、慢性腰痛に対する有酸素運動と筋力トレーニングの効果を調査した医学論文を検索し、質の高い論文のみをまとめることで、有酸素運動と筋力トレーニングのどちらが効果的なのかを調査しました。

調査の結果、ある一定の基準を満たした研究6本(いずれもランダム化比較試験)がまとめられました。

具体的な基準は以下の通りです。


▪️対象者:慢性腰痛を抱えた18-45歳の男女
▪️有酸素運動の内容:ウォーキングやジョギング、ランニングなどの運動
▪️筋力トレーニングの内容:慢性疼痛に対して処方された、自重や滑車、空気圧で負荷を調整するマシンやダンベル、バーベルを使用した、背部や腹部の筋力トレーニング
▪️運動の頻度:週に2回以上の頻度で6週間以上行ったもの

有酸素運動と筋力トレーニングの両方とも、慢性腰痛の痛みに効果的だった!

調査の結果、有酸素運動と筋力トレーニング慢性腰痛の痛みに対する改善効果は中程度であり、有酸素運動と筋力トレーニングの両方が、慢性腰痛の痛みに効果的であることが分かりました。

筋力トレーニングは不安や気分の落ち込みにも効果的であった!

詳細な解析をしたところ、筋力トレーニングは慢性腰痛に起因する不安や気分の落ち込みにも効果的であることが分かりました。

以前、慢性的な痛みに関連する重要な心理的要因とは?ー110の研究結果からーという記事でご紹介したように、慢性的な痛みは不安や抑うつなどの精神面と密接に関連しており、慢性腰痛も例外ではありません。

一方、有酸素運動に関しては、研究数が少なかったため、有酸素運動の不安や気分の落ち込みへの効果は定量的に検討されませんでした。よって、有酸素運動が不安や気分の落ち込みに効果がないとということではありませんので、解釈には注意が必要です。

今回の研究結果を解釈する際の注意点

しかしながら、今回組み込まれた研究の質を評価したPEDroスケールという指標において、中等度〜高い質の研究であると判定されたのは、6件中の3件でした。裏返すと、質の低いとされる研究が3件組み込まれており、結果が信頼できるものである可能性は高いとは言えません

そのため、今回の研究だけでは、明確な結論は得られず、今後さらなる質の高い研究の蓄積によって、結論がより明確にされる必要があります。

有酸素運動と筋力トレーニングで慢性腰痛の対策を!

慢性腰痛は日常生活の障害や仕事の効率低下など、私たちの生活に悪影響を与えます。

今回ご紹介した研究結果や過去の研究結果を受けると、慢性腰痛に対して、有酸素運動や筋力トレーニングのどちらが優れているのかについては分からず、現段階では効果に差はないと考えるのが妥当かもしれません。

そのため、大切なことは自身が継続しやすい運動から始めていくと良いかもしれません。

また、腰痛によって、不安な気持ちやイライラする気持ちにも苦しんでいる方は、筋力トレーニングを取り入れてみるのも良いかもしれません。

(鈴木祐介)


▼ 参考文献
タイトル:Aerobic vs. resistance exercise for chronic non-specific low back pain: A systematic review and meta-analysis.
雑誌名:J Back Musculoskelet Rehabil. 2018;31(5):889-899.
[PMID:29889056]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています