カイロプラクティックは発症4週間未満の腰痛には効果的!

監修者青山朋樹 / 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授(医師、Ph.D)

ライター坪井大和 / 理学療法士 / 修士号(保健学)/ 日本学術振興会 特別研究員 / メディア編集長

カイロプラクティックの風景

(c) sunlight19-Fotolia.com

【記事のポイント】
1. カイロプラクティックは急性腰痛には短期的な効果がある
2. 慢性腰痛に対しては、明確な効果は認められていない
3. ぎっくり腰などを短期的に改善するためには、有効な治療法である

腰痛でお悩みの方であれば、近くの治療院などに行き、カイロプラクティックという治療を受けた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。それでは、カイロプラクティックは腰痛に対して、どれほど効果が認められているのでしょうか?

今回ご紹介する研究では、ぎっくり腰などの急性の腰痛(痛みが出てから4週間未満)に対しては、他の治療方法と比べ、痛みの程度や、腰痛に伴う日常生活障害(歩行、睡眠、腰を曲げる、重いものを持つなど)に、短期的な改善効果が認められると報告されました。

カイロプラクティックは腰痛に効果があるのか

この報告では、これまでに報告されたカイロプラクティックの効果を、他の治療方法の効果と比べて検証した医学論文を検索し、質の高い論文のみをまとめることで、その効果を検証しました。検索の結果、12本の研究がレビューされました。

急性腰痛では痛みや日常生活の障害の改善に短期的な効果が認められた

本研究の結果、ぎっくり腰などの急性腰痛の”痛み”に対しては、カイロプラクティックは他の治療法と比べ、短期的な改善効果が認められました。
また、急性腰痛に伴う”日常生活障害”に関しても、カイロプラクティックは他の治療法と比べ、短期的な改善効果が認められました。しかし、長期的な改善効果に関しては、他の治療法と比べて差は認められませんでした。

慢性的に続く腰痛に対しては明確な効果は認められなかった

慢性的な腰痛に関しては、痛みの程度、腰痛に伴う日常生活の障害ともに、他の治療法と比べての改善効果に差は認められませんでした。

ぎっくり腰などになった時は、カイロプラクティックで痛みが楽になる可能性がある

腰痛に対するカイロプラクティックは、ぎっくり腰などで痛みが辛い時や、その痛みによって生活に支障が出ている時、短期的にそれらを改善するためには有効な治療法だと考えられます。
ただ、カイロプラクティックなどの手を使っての治療法は、治療してくれる先生によってその効果も左右されると言われています。そして、カイロプラクターは、欧米では質の高い資格として認識されておりWHO(世界保健機関)からも教育基準が明文化されている資格です。一方で、日本においては民間療法の域を出ておらず、WHOの教育基準である”4年間以上の全日制教育で4200時間以上の授業を終了しなければならない”という基準に該当しているカイロプラクターは全体の3%程度と言われています。そのため、本邦におけるカイロプラクティックの治療院の選択は、慎重に行わなければなりません。

(坪井大和)


▼参考文献
Combined chiropractic interventions for low-back pain.
Cochrane Database Syst Rev. 2010 Apr 14;(4):CD005427
[PMID: 20393942]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています