腰痛の85%は、なぜ原因が特定しきれないのか?

監修者青山朋樹 / 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授(医師、Ph.D)

ライター福谷直人 / 理学療法士 / 博士号(保健学) / 健康経営アドバイザー / 作業管理士 / VDT作業労働衛生教育インストラクター

レントゲンをみる2名の医師

(c) Syda Productions - Fotolia.com

【記事のポイント】
1. 腰痛の85%は、原因を特定しきれないと言われてきた.
2. 今年になり、腰痛の70%は判定が可能と言われるようになった.

腰痛になったら、まずは整形外科でレントゲン撮影をするという方は多いのではないでしょうか。
これは、腰痛の原因を検討するために行う診察行為になります。しかし、「腰痛の原因」や「腰痛が今後どうなるか」といったことに関して、納得のいく説明を得られずに、疑問や不満感を感じた経験がある方も少なくないと思います。

医療機関を受診した15%程度しか腰痛の原因を特定しきれない

医師の診察や画像検査で痛みの原因が特定できる腰痛を『特異的腰痛』と言います。神経痛(座骨神経痛など)が主症状の腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が代表的なものです。またその頻度は少ないものの、悪性腫瘍などが腰痛の原因になる場合も稀にあります。尿路結石や生理痛、便秘などでも腰痛は生じます。

医師は、こうした腰痛を的確に診断する必要性がありますが、特異的腰痛は腰痛を理由に医療期間を受診する人の約15%程度に過ぎないことが報告されています。これは、医師が特定すべき、重篤な症例はほとんどいないという解釈もすることができます。日本整形外科学会による”腰痛に関する全国調査報告書”においても、診断名の第1位は『分からない』です。

腰痛の85%は原因を特定しきれない

およそ85%の腰痛はさまざまな検査を受けても原因を特定しきれないもので、『非特異的腰痛』と称されるようになりました。慢性的な腰痛や再発を繰り返す腰痛のほとんどがこの非特異的腰痛です。”魔女の一撃”とも表現される『ぎっくり腰』も厳密にどこの組織が傷ついたかということが、診察でも画像検査でも断定できないことが多いため、急性の非特異的腰痛に分類されます。

腰痛の85%は、原因が特定しきれないはウソ?

様々な書籍でも、腰痛の85%は原因を特定しきれないということが表現されています。しかし、そのような情報は、腰痛で悩んでいる人にとっては、『治る希望はないのか?』という絶望感を与えてしまうことになります。しかし、それらの多くの情報は第二次情報であり、情報を伝えた者のフィルターを通しているため、情報が歪められていることが多くあります。
”85%は原因が特定できない”という情報のもとになっているのは、Deyoらによる有名な研究で、その後も類似した研究結果が報告されています。しかし、これらの欧米の研究はプライマリーケア(初期診療を担当する総合医によって対応がされる仕組み)における研究報告がほとんどであり、腰痛の専門である整形外科医による検討はほとんどされていません。非特異的腰痛を判定するためには、特異的腰痛の可能性を除外し、詳細な理学所見(他覚的な所見)を評価することで、その70%は判定が可能になることが最新の研究で明らかにされています

さらに欧米の医師が執筆した腰痛に関する書籍には、『85%もの腰痛が原因が特定しきれない』ということに関して、このように理由を説明されています。

■腰痛に心理的要因が関わっているという先入観があることにより、どんな病理解剖的な組織の障害をも無視してしまう。(Waddell, 1987)
■精密に評価する医師は少なく、診断に必要な知識を持っている医師も少ない。(McGill, 2005)
■訓練が不十分な医師からか、または広く可能である診断技術が限定されていることからくる診断技術の未熟さが、多くの信頼できる診断を妨げてきた。(McGill, 2005)
■明らかに、腰痛の85%の症例が確固たる病理解剖学的な原因がないということを、我々は疑うべきである。(McGill, 2005)

腰痛になって、まずどこに行くべきか迷った場合は、ぜひ『腰痛の治療施設の選び方』をご参照ください。
また、治療施設など行く暇はないけど、自身の腰痛タイプをチェックしてみたい!という方は、ぜひポケットセラピストの腰痛タイプチェックをご体験ください!

(福谷直人)


▼参考文献
Strategies for prevention and management of musculoskeletal conditions. Low back pain (non-specific).
Best Pract Res Clin Rheumatol. 2007 Feb;21(1):77-91.
[PMID:17350545]

Low back pain.
N Engl J Med. 2001 Feb 1;344(5):363-70.
[PMID:11172169]

What can the history and physical examination tell us about low back pain?
JAMA. 1992 Aug 12;268(6):760-5.
[PMID:1386391]

Low Back Disorders: Evidence-based Prevention and Rehabilitation.
Stuart Mcgill

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています