整骨院・接骨院・整体院って何が違うの?

近藤 悟司 / 理学療法士 / Spine Dynamics認定療法士

整骨院・接骨院・整体院の違い

(c) kazoka303030 - Fotolia.com

【記事のポイント】
1. 整骨院と接骨院は名前の違いのみで、資格は同じ「柔道整復師」
2. 整体は誰でも開業することができる!
3. 整体に行く場合には、整体師の保有資格を確認するようにしよう!

皆さんは腰痛・肩こりなどのケアや怪我をした時にどこに行きますか?行きつけの整体や、口コミで評判の接骨院などカラダのケアをする施設はたくさんあります。今回はそれぞれの施設がどのような特徴があり、それぞれの違いを解説します。

整骨院・接骨院の違いは?

整骨院と接骨院は名称が違うだけで、根本的には同じ施設になります。これらの施設は「柔道整復師」という国家資格を有している方の開業施設になります。国家資格を所有しているため、保険適応の施設になります。

また診療時間も午後7, 8時くらいまで診療しているところが多いため、病院の診療時間内には行けない方も行きやすいことが特徴です。

整骨院・接骨院はチェーン店は少なく、個人で営業している施設が多いため、それぞれの施設によって治療内容や治療の考え方は異なります。電気治療やテーピング治療、個別介入による治療を重視しているところなど様々です。

柔道整復師とは?

それでは柔道整復師とは一体どんな資格なのでしょうか?柔道整復師の最大の特徴は骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(筋肉の軽い損傷)の治療を行うことが出来ることにあります。

これが認められているのは医療系の職種の中で医師と柔道整復師しかいません。スポーツ中の骨折や脱臼、捻挫や交通事故によるむち打ち症状などに関してはエキスパートです。そのため、柔道整復師の方は開業している人もいれば、病院に勤めている方やスポーツトレーナーをしている方など活躍の場は幅広いです。

整体とは?

整体とは簡単に言ってしまえば、開業権が認められている資格を有していない人が開いていて、民間療法を提供している施設です。リンパマッサージやカイロプラティックもこの民間療法に該当します。

つまり無資格でも、誰でも始めることが出来るのが整体です。特に医療の資格を持っていない一般の方が、どこかで骨盤矯正やマッサージ、トレーニングの技術を学び、その技術で開業するとなれば整体という扱いになります。

この整体は民間療法を提供している場ですので、保険非適用の施設になります。60分5000円や20分3000円など様々な価格設定がなされています。

整体の種類はカイロプラティックやリンパマッサージ以外にも以下のようなものがあります。


■ 気功
■ 美容整体(骨盤矯正、小顔矯正など)
■ スポーツ整体(スポーツ選手のトレーニングやコンディショニング)
■ アロマセラピー
■ タイ式マッサージ

整体は危険!?

整体は無資格の人が開業していると聞くと不安に思うかもしれません。しかし整体の中には国家資格を所持している人もいます。例えば、「理学療法士」は国家資格ですが、開業権は認められていません。理学療法士は病院以外で理学療法(リハビリ)を提供すると名乗ってはいけないとされています。もし理学療法士が開業したいとなると、それは整体という扱いになってしまいます。整体師がどんな資格を有している人なのかを確認しておいて損はないでしょう

しかし無資格だから、保険非適応だからといってデタラメな治療をしているわけではありません。中には利用者様を良くしようとたくさん勉強して、いろいろな分野の技術を学んでいる人もいます。たくさんの治療法がありますが、最終的な目標地点は利用者様が健康に生活できることです。これは医療を提供するすべての人の共通点です。

まとめ

以上が整骨院/接骨院、整体の簡単な説明になります。今の世の中にはたくさんの治療法があります。どの治療法もみなさんのカラダが良くなる可能性があります。しかし何が良くて、何が効果的なのか様々な情報が行き交っていて混乱してしまいます。

みなさんのカラダはどうして悪くなっているのか?どうすれば良くなるのか?
みなさんが感じている症状と向き合ってくれ、その原因・根拠をしっかり説明して、その通りにカラダを良くしてくれる施設を選ぶことをお勧めします

(近藤悟司)

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています