慢性的な腰痛に痛み止めは効果的なのか!?

痛み止めの腰痛に対する効果

(c)cassis- Fotolia.com

【記事のポイント】
1. 非ステロイド性抗炎症薬により、慢性腰痛の痛み、日常生活の障害の改善が認められた
2. 副作用の観点から、長期間の使用は推奨しにくい
3. 痛みが辛い時に、適切な用法・容量で使用することが大切である

皆さんはロキソニンという薬をご存知だと思います。これは”非ステロイド性抗炎症薬”という分類に該当する薬で、病気などの発熱時に熱を下げる目的や、怪我をした際の痛みを抑える目的で広く処方されており、最近ではドラッグストアなどでも市販されている薬になります。慢性的な腰痛に悩んでいる方も、もしかしたらロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬を、痛みを抑える目的で使われた方もいるかもしれません。

それでは、この非ステロイド性抗炎症薬は、慢性腰痛に対してどのような効果が認められるのでしょうか?
今回ご紹介する研究では、非ステロイド性抗炎症薬は、慢性腰痛の痛みや日常生活上の障害に対し、効果的であるという報告がされました。

非ステロイド性抗炎症薬の慢性腰痛への効果とは?

この報告では、これまでに報告された慢性腰痛への非ステロイド性抗炎症薬の効果を、偽薬などの他の治療方法の効果と比べて検証した医学論文を検索し、質の高い論文のみをまとめることで、その効果を検証しました。検索の結果、13本の研究がレビューされました。

非ステロイド性抗炎症薬を服用することで、慢性腰痛の痛み、日常生活の障害が改善した

本研究の結果、非ステロイド性抗炎症薬は、偽薬などの他の治療法と比べ、慢性腰痛の痛みや、慢性腰痛に伴う日常生活(歩行、睡眠、腰を曲げる、重いものを持つなど)の障害に対して、有意な改善効果が認められました
日本の腰痛診療ガイドラインにおいても、非ステロイド性抗炎症薬は、腰痛に対する第一選択薬に指定されており、今回の研究結果もこれに順ずる内容と考えることが出来ます。

長期間仕様時の副作用に関しては注意をする必要あり

また、今回の研究の中で著者は、非ステロイド性抗炎症薬の副作用の観点より、長期間の服用は推奨出来ないとしています。
日本の腰痛診療ガイドラインにおいても、非ステロイド性抗炎症薬は、痛みが強い時に限った短期間の使用が望ましいとされていますので、使用期間には注意が必要だと考えられます。

どのようなときに服用すれば良いのか?

ロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬は、痛みにダイレクトに効果があることや、比較的手に入りやすいことからも、腰痛が辛くて何も手につかないような時には、とても有効な薬だと思われます。しかし、短期的な使用が推奨されていることからも、非ステロイド性抗炎症薬の使用だけでは、慢性腰痛の根本的改善には繋がりません。使用される際は、医師や薬剤師のアドバイスをもとに、適切な用法・容量で使用していくことが必要だと考えられます。

(鈴木祐介)


▼参考文献
Non-steroidal anti-inflammatory drugs for chronic low back pain.
Cochrane Database Syst Rev. 2016 Feb 10;2:CD012087
[PMID: 26863524]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています