マインドフルネスの慢性腰痛への効果

監修者青山朋樹 / 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授(医師、Ph.D)

ライター坪井大和 / 理学療法士 / 修士号(保健学)/ 日本学術振興会 特別研究員 / メディア編集長

屋外でのピラティス

(c)Syda Productions-Fotolia.com

【記事のポイント】
1. マインドフルネスは、認知行動療法と同程度の腰痛改善効果がある.
2. 慢性腰痛に対するマインドフルネスは、その効果も持続する.
3. マインドフルネスは、いつでもどこでも可能.

※この記事で紹介した研究よりも後に出版された最新の研究がすでに報告されています。最新の知見を知りたい方は、「マインドフルネスの腰痛に対する効果ー最新の知見からー」をご覧下さい。

最近、話題のマインドフルネス(瞑想)をご存知でしょうか?ストレスの多い現代社会において、マインドフルネスのストレスへの効果が注目を集めています。慢性腰痛は、心理的な要因によって引き起こされることもあることから、慢性腰痛に対するマインドフルネスの効果が検証されて始めています。

マインドフルネスは腰痛に効果があるのか?

ワシントン州の20~70歳の慢性腰痛を有する342人が研究に参加し、以下の3つのグループのいずれかにランダムに割り振られました。

■マインドフルネスを実施する群:116人
 マインドフルネス(瞑想)とヨガ, 週2時間のセッションを8週実施
■認知行動療法を実施する群:113人
 認知行動療法:痛みに対する考え方や行動の変換をするトレーニング
■通常の治療群:113人

マインドフルネスは認知行動療法と同程度の効果が認められる

マインドフルネス群では60.5%の方において、”日常生活の制限”に改善が見られ、認知行動療法群では53.7%、通常の治療群では44.1%でした。痛みに関しても、マインドフルネスと認知行動療法の群は、通常の治療群よりも改善した人の割合が高いという結果が得られました。

マインドフルネスの効果は長続きする

アプローチ実施後52週の時点においても、マインドフルネスの効果は保たれていました。このことから、マインドフルネスは慢性腰痛に対して長期的な効果がある可能性が示されました

マインドフルネスは簡単に実施でき、かつ、有効な慢性腰痛対策

最近では、マインドフルネスは本やアプリなども数多く出ており、近い将来、気軽に実施できる腰痛対策の一つになるかもしれません。マインドフルネスとは、「今この瞬間」の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることであり、いつでもどこでも実践できます。あなたも、慢性的な腰痛に悩んでいて、なかなか運動だけでは治らない場合は、マインドフルネスを体験してみてはいかがでしょうか。

坪井大和


▼参考文献
Effect of Mindfulness-Based Stress Reduction vs Cognitive Behavioral Therapy or Usual Care on Back Pain and Functional Limitations in Adults With Chronic Low Back Pain: A Randomized Clinical Trial.
JAMA. 2016 Mar 22-29;315(12):1240-9.
[PMID:27002445]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています