朝に腰が痛くなる人の原因は何か!?

鈴木祐介 / 理学療法士 / 修士号

起床時の腰痛の原因

(c) Drobot Dean - Fotolia.com

【記事のポイント】
1. 仕事を終えた翌日の朝は腰痛が悪化しやすい.
2. 普段よりも腰にストレスをかけたり、連勤が続くと、翌日の朝の腰痛はさらに悪化する.
3. 朝の腰痛に悩まされないためにも、前日の夜に腰のケアをしてあげることが必要.

腰痛に悩まれている方の中で、朝の腰痛が辛くて大変な思いをしたという経験のある方も少なくないと思います。
特に仕事をされている方などは、朝は短い時間の中で身支度を整えなければなりませんし、1日のスタートである朝に腰痛に襲われると、それだけで億劫な気持ちになってしまうかもしれません。
それでは、朝に腰痛が悪化する原因としては、どのようなものが考えられるのでしょうか。
今回ご紹介する研究では、仕事の中で荷物を持ち上げる動作が多かった翌日の朝や、連勤が続いた翌日の朝は、腰痛が悪化しやすいと報告されました。

朝に腰痛が悪化する原因を検討

持ち上げ動作と腰痛

(c) one -Fotolia.com

この研究では、スーパーマーケットで働き、仕事の中で頻回に荷物を持ち上げる機会がある従業員95名を対象としました。対象者の方々には、1日あたり、どのくらいの重量の荷物を何回持ち上げたのか、何時間働いたのか、いつ腰痛が悪化したか(その時の腰痛の程度も含め)を、3週間の期間に渡ってメールにて聴取しました。そして、その結果を対象者ごとに比較しました。

仕事を終えた翌日の朝は腰痛が悪化していた

結果より、仕事を終えた翌日の朝は、仕事の無かった翌日の朝に比べ、より腰痛が悪化していました。
すなわち、同じ朝であっても、仕事の翌日の朝は腰痛が悪化しやすいと考えることが出来ます。

仕事での業務内容や連勤続きにより悪化

さらに、仕事の中で普段よりも重い荷物を持ち上げたり、普段よりも頻回に荷物を持ち上げた後の翌日の朝や、連勤が続いた後の翌日の朝は、通常通り仕事を終えた後の翌日の朝に比べて、朝の腰痛が悪化していました。
すなわち、仕事の翌日の朝という同条件の中でも、普段よりも腰に負担がかかった後や、連勤が続いた後などは、より腰痛が悪化しやすいと考えることができます。

腰への負担をリセットするためのケアを

体操をしている女性

(c)peach100 – Fotolia.com

著者は論文の中で、腰の筋肉の微細な損傷や炎症が、朝の腰痛悪化に繋がっているのではないかと考察しています。
そのため、普段よりも腰に負担をかけた後や、連勤が続いた後は、腰の筋肉の血流が滞らないようにしてあげることが大切です。
朝に腰痛が悪化しやすそうな日は、前日の夜に、ぬるめの湯にゆっくり浸かったり、腰のストレッチを行うなど、腰のケアをしてみてはいかがでしょうか。

あなたの腰痛タイプに合わせた具体的なアドバイスはポケットセラピスト

腰痛チェック

(c)Backtech Inc.

(鈴木祐介)


▼参考文献
タイトル: Association between occupational lifting and day-to-day change in low-back pain intensity based on company records and text messages.
雑誌名: Scand J Work Environ Health. 2016 Sep 9. pii: 3592. doi: 10.5271
[PMID: 27611578]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています