何度も再発するしつこい腰痛の対策方法とは!?

監修者青山朋樹 / 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授(医師、Ph.D)

ライター坪井大和 / 理学療法士 / 博士号(保健学)/ 日本学術振興会 特別研究員 / メディア編集長

腰痛とデスクワーク

(c) Andrey Popov - Fotolia.com

【記事のポイント】
1. 腰痛の再発予防には運動が効果的!
2. 腰痛が治ったからといって運動をやめてしまうと腰痛を再発しやすくなる.
3. 腰痛が治ってからも、運動を継続することで腰痛にならない体をつくろう.

常に腰痛があるわけではないけど、腰痛になっては治り、また腰痛になるといった具合に腰痛を何度も再発してしまうという人が読者の中にもいるのではないでしょうか。
実は腰痛は再発しやすい症状であり、適切な対策をとることで再発予防をする必要があります。
腰痛の再発に関しては、『あなたの腰痛、そのままにしておくとどうなる!?』でお伝えしたように、60%の方が12ヶ月以内に再発してしまいます。
さらに、ヘルニアに関しては、『ヘルニアの再発予防は”生活習慣の改善”から』でお伝えしたように、手術をしたとしても、5〜15%の方が、再発することが分かっています。このように、腰痛に関わる病態や症状は繰り返し生じやすいことは明らかです。
今回紹介する研究では、再発する腰痛に対して運動が効果的である可能性が示されました。

再発する腰痛に対する運動の効果

今回の研究では、2009年7月までに公開された腰痛の再発予防に対する運動の効果を検証した研究が検索され、ある一定の基準を満たした13の研究の結果がまとめられました。

治ってからの運動が重要

ランニング中の腰痛

(c) Monet – Fotolia.com

今回の研究のうちの4つの研究においては、腰痛治療が終わってからの運動の効果が検証されました。
その結果、治療で治ってからも運動をしていた人は、何もしなかった人よりも、腰痛の再発リスクが半分になることが明らかとなりました。
同様に、2つの研究においては、腰痛再発の回数も減少することが明らかとなりました。

腰痛の再発予防は運動の継続がカギ!

今回の研究結果から、腰痛が治った後も運動を継続することによって、腰痛の再発率や再発頻度が減少する可能性が示されました。
逆に、腰痛が治ったからといって油断して運動をやめてしまうと、また腰痛が再発しやすい状態になってしまう可能性があるということです。
腰痛においてもやはり「継続は力なり」です。具体的な有効だと考えられる運動は、『腰痛が再発しやすい方に朗報!ブレーシングが効果あり!』や『軽い息切れ程度のエクササイズが”慢性腰痛”に効果的』で説明していますので、ぜひチェックしてみてください。

(坪井大和)


▼参考文献
タイトル:Exercises for prevention of recurrences of low-back pain.
雑誌名:Cochrane Database Syst Rev. 2010 Jan 20;(1):CD006555.
[PMID: 20091596]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています