東日本大震災後のストレスが腰痛を悪化させていた?

鈴木祐介 / 理学療法士 / 修士号

地震と腰痛の関係

(c) tatsushi - Fotolia.com

【記事のポイント】
1. 被災後は精神的ストレスが増加しやすい。
2. 被災による精神的ストレスにより、腰痛が悪化した。
3. 災害を避けることは難しいため、自分にとって効果的な精神的ストレスの対処法を見つけることが大切

日本は地震大国と言われ、毎日のようにどこかで地震が起きています。東日本大震災のようなM6.1以上の大きな地震も数多く発生しており、皆様の中にも、実際に被災された方や、被害状況を目の当たりにして心を痛めた方も多いと思われます。これまでに腰痛と精神的ストレスには密接な関係があると報告されてきました。地震などの災害を経験した時の精神的ストレスは、腰痛にどのような影響を及ぼすのでしょうか?今回ご紹介する研究では、地震などの被災後に受けた精神的ストレスが腰痛を悪化させる可能性が報告されました。

被災後の精神的ストレスと腰痛との関係性とは?

この研究は東日本大震災で被災地となった福島の医学生95名を対象に行われました。対象者には被災直後と被災4ヵ月後で、精神的ストレスと腰痛に関する質問紙調査が行われました。対象者は精神的ストレスの4ヵ月間の変化によって以下の3グループに分けられました。

■ 精神的ストレスが改善したグループ
■ 精神的ストレスが変化しなかったグループ
■ 精神的ストレスが悪化したグループ

この3グループの間で4ヶ月後の腰痛にどのような違いが出ているのかが調査されました。

精神的ストレスが悪化したグループは腰痛も悪化していた

調査の結果、被災後4ヵ月間の間に精神的ストレスが悪化していたグループは、その他のグループと比較して、腰痛の程度が悪化していました。
すなわち、被災による精神的ストレスは、腰痛に対しても悪影響を及ぼすと考えることが出来ます。

自分にとって効果的な精神的ストレスの対処法を見つけることが大切

地震などの被災後は、被災による恐怖感に加え、ライフラインが途絶えたり、避難場所での集団生活を余儀なくされたりなど、様々な精神的ストレスが考えられます。対処法としては、有酸素運動や、ヨガマインドフルネスなどのリラクゼーション、誰かに話を聞いてもらい、悩みを共有することなどが効果的です。日本に住んでいる以上、いつ地震などの災害を経験するか分かりませんから、自分にとって効果的な精神的ストレスの対処法を考えておくことも大切かもしれません。

(鈴木祐介)


▼ 参考文献
タイトル:Psychosocial Stress after a Disaster and Low Back Pain Related Interference With Daily Living among College Students: A Cohort Study in Fukushima.
雑誌名:Spine (Phila Pa 1976). 2017 Jan 31.
[PMID: 28146027]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています