慢性腰痛は超音波で改善するのか

監修者青山朋樹 / 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授(医師、Ph.D)

ライター鈴木祐介 / 理学療法士 / 修士号

超音波の施術風景

(c) Monet-Fotolia.com

【記事のポイント】
1. 慢性の腰痛に対する超音波治療の明確な効果は認められていない
2. 急性の腰痛に関しては、温める治療法は有効かもしれない
3. 腰痛の時期により、腰の温め方やその効果も異なるため専門家への相談が必要

超音波治療とは、身体に超音波を当てることで、体の深い部分を温める治療法のことです。
この超音波治療を行う機器は全世界に普及しており、腰痛に対して行われることも多い治療法です。
それでは、この超音波治療は、慢性腰痛(発症から3ヶ月以上経つもの)に対してどれほどの効果があるのでしょうか?
今回紹介する研究では、慢性腰痛に対する超音波治療の明確な効果は認められないと報告されました。

慢性腰痛に超音波治療は効果があるのか

この研究では、これまでに報告された慢性腰痛に対する超音波治療の効果を検証した医学論文を検索し、質の高い論文のみをまとめることで、その効果を検証しました。検索の結果、7本の研究がレビューされました。

超音波治療の慢性腰痛に対する効果は認められなかった

本研究の結果、慢性腰痛に対する超音波治療の明確な効果は認められませんでした。
日本の腰痛診療ガイドライン2012においても、慢性腰痛に対する温熱効果の明確なエビデンスは認められないと述べられており、本研究の結果もこれに準ずる内容と考えることが出来ます。

超音波治療が腰痛に対して効果がないわけではない

慢性腰痛の原因は腰の筋肉だけではなく、精神的ストレスなど様々な原因が関与していると言われていることから、今回の研究では、超音波療法(温める治療法のひとつ)の明確な結果が得られなかったと考えられます。

一方、腰痛は温めた方が良いか?冷やす方が良いか?でも述べられているように、ぎっくり腰などの急性腰痛では、温める治療法を使用することで、治療開始短期間での痛みの改善が認められたと報告されています。

超音波治療に関しても、腰痛に対して全く効果がないというわけではなく、腰痛のタイプ(痛みが出てからの期間など)によっては、痛みの改善が期待できるかもしれません。ただ単に温めれば良いというわけではなく、温め方もいろいろな方法があるので、まずは専門家へ相談してみましょう。

(鈴木祐介)


Therapeutic ultrasound for chronic low-back pain.
Cochrane Database Syst Rev. 2014 Mar 14;(3):CD009169
[PMID: 24627326]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています