慢性腰痛に対するウォーキングの効果とは!?

ウォーキングの足元

(c) PointImages- Fotolia.com

【記事のポイント】
1. ウォーキングは慢性腰痛を改善する
2. 他の治療と比べて、効果が大きいか小さいかは分かっていない
3. トレッドミルウォーキングよりも、屋外ウォーミングの方が効果的である

腰痛対策として、運動が推奨されていることは誰もが周知の事実かと思います。中でも無理なく、お金をかけずに行うことができる対策にウォーキングがあります。
今回は、ウォーキングの慢性腰痛に対する効果を検証した研究を紹介します。

慢性腰痛にウォーキングは効果的か

今回の研究では、2015年までに公表された慢性腰痛に対するウォーキングの効果を検証した研究が検索され、ある一定の基準を満たした7つの研究における結果がまとめられました。

今回対象となった研究では、週に1〜3時間、1〜3ヶ月間、ウォーキングを実施しました。
慢性腰痛による日常生活の制限や生活の質低下に対するウォーキングの効果を検証するために、非薬物治療(理学療法、運動教室、筋力トレーニング、日常生活のアドバイス)と効果の比較がされました。

ウォーキングは慢性腰痛を改善するが…

今回の研究から、ウォーキングをしていたグループにおいて、慢性腰痛は改善したという結果が得られました。しかし、非薬物治療と比較すると、効果が大きい、変わらない、小さいと結果に一貫性がなく、一定の結論は得られませんでした。

ウォーキングの種類による違い

今回対象となった研究の1つにおいて、屋外ウォーキングの方が、トレッドミル(ジムにあるランニングマシンのような機械)によるウォーキングよりも効果が大きかったという研究結果も報告されていました。

ウォーキングは慢性腰痛に効果あり

ウォーキングは慢性腰痛に効果があるが、他の治療と比べて優れているとは言えないというのが今回の結果です。
しかし、他の対策はコストや時間がかかることを考慮すると、お金をかけずにまずはウォーキングという有酸素運動で改善を図るのも良いかもしれません。
特に腰が痛くて活動量(歩く量)が落ちている人には、より効果が認められるかもしれません。

(坪井大和)


▼参考文献
Does walking improve disability status, function, or quality of life in adults with chronic low back pain? A systematic review.
Clin Rehabil. 2016 Jun;30(6):523-36.
[PMID: 26088673]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています