デスクワーカーのドライアイの要因と最新の知見に基づいた対策を解説!

監修者青山朋樹 / 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授(医師、Ph.D)

ライター小武 悠 / 理学療法士

ドライアイ

(c) Adobe Stock

【記事のポイント】
1. デスクワーカーのうち男性で4人に1人、女性で2人に1人がドライアイの症状を感じている
2. ドライアイの二大要因はパソコン作業の時間とコンタクトレンズの使用
3. 対策の方法にはこまめな休憩をはさむ他に、目薬の使用、栄養摂取、加湿器の使用などがある

「ドライアイで仕事に集中できない」
特にパソコンでの仕事が多いデスクワークの方なら、このように感じることが多いのではないでしょうか。

そこで、今回はデスクワーカーのドライアイの要因について調べた報告と、医学的根拠に基づくドライアイ対策をご紹介します。

日本のデスクワーカーにおけるドライアイに関連する要因を調査

この調査では、パソコンでの業務を日常的に行うデスクワーカー3549名にドライアイの症状や日々の生活に関するアンケートを実施しました。

この結果、男性26.9%、女性48.0%もの人が重度のドライアイの症状を感じていました。また、ドライアイの症状と関連している要因として、下記の2つが挙げられました。

パソコン作業時間が長いこと

パソコンでの業務時間が4時間/日以上の人は、2時間/日未満の人と比べて、ドライアイの症状を感じている可能性が高いことが明らかになりました。

コンタクトレンズの使用

また、コンタクトレンズを使用している人は、していない人と比べてドライアイの症状を感じている可能性が高いことが明らかになりました。

また、今回の研究では報告されていないものの、別の調査では、喫煙している場合、ドライアイを発症する可能性が高くなることが報告されています(参考文献②)。

簡単にできるドライアイ対策

日々、パソコンを使って仕事をしている場合、ドライアイになってしまうと、仕事になかなか集中できないといった別の問題を生じる可能性があります。そんな方に向けて、最新の知見に基づいたドライアイ対策をご紹介します。

こまめに休憩を挟む

アメリカ眼科学会によると、ドライアイなどによる眼の疲れを防止するためにはこまめな休憩が重要であるとして、『20-20-20のルール』という方法を提唱しています(参考文献③)。

これは、『20分ごとに、20フィート(約6m)離れた物を、20秒間見る』というシンプルな方法です。特に準備する物は必要なく、簡単に取り入れることができますので、ぜひこちらの方法から試していただけると良いかもしれません。

目薬(点眼液)を使う

ドライアイの方であれば、すでに使っている人も多いかと思いますが、目薬は有効性が明らかになっているドライアイ対策のひとつです(参考文献②)。目薬にもいくつか種類があり、特にヒアルロン酸点眼は、自覚症状を改善させるだけではなく、涙液(涙)の分泌を安定化させるため、ドライアイ対策として推奨されています。目薬に関して、何を選べば良いかわからない場合は、お近くの薬局などで聞いてみるのがよいでしょう。

また、目薬を使用する回数は、少なすぎると量が不十分で効果が見込めず、多すぎると涙液の分泌の安定性を下げてしまう可能性があります。そのため、2~3時間に1回(1日の上限は10回まで)を目安に点眼するとよいでしょう。

食事から栄養を摂取する

根拠の程度は強くないものの、青魚やマグロなどに含まれるオメガ3脂肪酸(EPA、DHAなど)の摂取によってドライアイの症状が改善したとする報告もあります(参考文献②)。

ただし、オメガ3脂肪酸の取りすぎ(4g/日以上)は、出血時に血がとまりにくくなる可能性があるため、激しい運動をしている人など出血のリスクが高い人は、摂りすぎには注意が必要です。

また、様々なメディアで「目に良い食材」として話題になるブルーベリーについては、依然はっきりとしない点もあるものの、ブルーベリーに含まれるプテロスチルベンという成分は、角膜(目の表面を覆う膜)の炎症を抑える働きがあり、ドライアイに対する効果が期待できる可能性が示唆されています(参考文献④)。

加湿器を使用する

特に冬場のオフィスは暖房が効いていて、空気が乾燥しがちです。そんな時に、少しコストはかかりますが、電気ストアなどで販売している加湿器を用いることで、目の乾燥が抑えられ、涙の分泌の安定化を促す効果が期待できます(参考文献⑤)。

まずはこまめな休憩を!

今回の記事では、デスクワーカーにおけるドライアイの二大要因には、パソコン作業の時間とコンタクトレンズの使用があることをご紹介しました。ドライアイの対策には、様々なものがありますが、まずは特別に何かを準備する必要のない20-20-20のルール(20分ごとに、20フィート(約6m)離れた物を、20秒間見る)を取り入れ、その後、他の方法も併用していくと良いでしょう。

(小武悠)


▼ 参考文献①
タイトル:Prevalence of dry eye disease among Japanese visual display terminal users.
雑誌名:Ophthalmology. 2008 Nov;115(11):1982-8. doi: 10.1016/j.ophtha.2008.06.022. Epub 2008 Aug 16.
[PMID: 18708259]
▼ 参考文献②
タイトル:日本眼科学会. ドライアイ診療ガイドライン
URL:http://www.nichigan.or.jp/member/guideline/dryeye_guideline.pdf(アクセス日:2019.11.05)
▼ 参考文献③
タイトル:American Academy of Ophthalmology. Ergonomics for the Eyes: Simple Adjustments to Your Office Environment Can Help Reduce Visual Fatigue
URL:https://www.aao.org/newsroom/news-releases/detail/ergonomics-eyes-tips-avoid-computer-eye-strai(アクセス日:2019.11.05)
▼ 参考文献④
タイトル:Blueberry Component Pterostilbene Protects Corneal Epithelial Cells from Inflammation via Anti-oxidative Pathway.
雑誌名:Sci Rep. 2016 Jan 14;6:19408. doi: 10.1038/srep19408.
[PMID: 26762881]
▼ 参考文献⑤
タイトル:Efficacy of a novel moist cool air device in office workers with dry eye disease.
雑誌名:Acta Ophthalmol. 2013 Dec;91(8):756-62. doi: 10.1111/j.1755-3768.2012.02485.x. Epub 2012 Dec 24.
[PMID: 23279709]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています