薬に頼らない片頭痛の対処法についての最新の知見をご紹介!

監修者青山朋樹 / 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授(医師、Ph.D)

ライター山下真司 / 理学療法士 / 修士号(医学)

頭痛の女性

(c) motortion - Adobe Stock

【記事のポイント】
1. 片頭痛に悩んでいても、あまり薬に頼りたくないという人は多い。
2. マインドフルネスや認知行動療法などは片頭痛対策に有効であることが示された。
3. 正しい方法を確認しながら、マインドフルネスや認知行動療法を実践してみよう。

片頭痛に悩んでいるけど、薬にはあまり頼りたくないと考えている方も多いのではないでしょうか。例えば、頭痛薬は副作用としてめまいや吐き気などを引き起こす場合があるので、副作用を嫌う方は避ける傾向にあるかもしれません。

そこで今回は薬に頼らない片頭痛の対処法について、これまでの論文をまとめた研究結果をご紹介します!

過去に報告された論文を系統的に分析

この研究は過去に報告された18歳以上の片頭痛を有する方を対象にした論文をまとめる手法を用いました。薬に頼らない対処法としては、下記の3つの対処法が挙げられました。


■ 教育による自己管理(片頭痛に関する正しい知識を講習会などを開いて教授し、自身の誤った認識を正していく方法)
■ マインドフルネス*1
■ 認知行動療法*2

 

*1:『マインドフルネス』とは、過去や未来に思いをめぐらせることなく、その瞬間、瞬間に、目の前にある物事や自らの考えや気持ちに集中して注意を向ける取り組みのことを総称して言います(詳しくは『新腰痛対策マインドフルネスによくある3つの誤解|臨床心理士が解説』をご覧ください)
*2:『認知行動療法』とは、ものごとに対する捉え方や行動を修正し、問題を解決していくアプローチを総称して言います。

薬に頼らない対処法の効果を検証するために、通常のケアや何も治療を受けなかったグループと比べて、頭痛の頻度、痛みの強さ、気分、頭痛に関連する障害、生活の質などがどう変化するかを調査しました。

16本の論文の結果をまとめた結果

片頭痛やマインドフルネス、認知行動療法といったキーワードを使って、文献を検索し、16,293本の論文が見つかりました。その後、今回の研究に関連しそうな170本の論文を選び、内容を確認しました。

そのうえで、ランダム化比較試験(対象者をランダムに介入するグループと何もしないグループに分ける手法)でない報告や、対象者の基準に当てはまらない報告を取り除き、最終的に16本の報告を解析に用いました。

教育や心理学的な自己管理は効果あり

解析の結果、通常のケアを行った群や何もしなかった群と比較して、薬に頼らない対処法(教育、マインドフルネス、認知行動療法など)を行った群では、一定期間後の頭痛の強さ、頭痛に関連する健康障害の程度、生活の質に改善が見られることが分かりました。

一方、痛みの頻度に対する明確な効果は見られませんでした。

特に教育やマインドフルネス、認知行動療法を行った群では、その他の対処法と比較して頭痛の強さをより大きく軽減する可能性が示されました。

頭痛を自己管理していくために

今回ご紹介した報告の結果では、教育的・心理的な自己管理が片頭痛の軽減につながることが示されました。

特に効果が大きいと報告されたマインドフルネスは自宅などでも気軽にできる方法です。しかし、マインドフルネスの意味や方法は誤解されやすく、正しく理解した上で実践することが大切です。効果的に取り組んでみたい方は、腰痛の記事にはなりますが、「新腰痛対策マインドフルネスによくある3つの誤解|臨床心理士が解説」を実践する前に読んでみると良いでしょう。

一方、認知行動療法は物事(例えば慢性痛や人間関係)に対する自身の考え方や行動パターンを認識し、その考えを変えていくことで、感情や症状を改善する治療法の一つです。

いずれの対処法も正しく理解した上で実践することが大切です。必要に応じて、臨床心理士などの専門家に相談するのが良いでしょう。

(山下真司)

この記事はいかがでしたか?

より皆さまに適した記事をお届けするために、アンケートにご協力ください。

質問① あなたの体の悩みを解決するために、どのような行動をとれば良いかわかりましたか? *

質問② 家族や友人があなたと同じように悩んでいた場合、この記事を勧める可能性はどのくらいですか? *

質問③ あなたは現在、医療従事者として働いていますか? *


▼ 参考文献
タイトル:Non-pharmacological self-management for people living with migraine or tension-type headache: a systematic review including analysis of intervention components.
雑誌名:BMJ Open. 2017 Aug 11;7(8):e016670.
[PMID: 28801425]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています