超簡単!肩こり・首の痛み対策に”立ち上がる”だけで効果的?!

鈴木祐介 / 理学療法士 / 修士号

立ち上がることの首の痛み・肩こりに対する効果

(c) New Africa - Fotolia.com

【記事のポイント】
1. デスクワークの肩こり・首の痛みには、「座りすぎ」が関与している。
2. 仕事中に”立ち上がる”ことで、肩こり・首の痛みが改善した。
3. 今すぐにでも取り入れられる”立ち上がり”で、肩こり・首の痛み対策を!

デスクワーカーで肩こり・首の痛みに悩まれている方は多いと思います。

座りすぎは、肩こりや首の痛みのリスクを上昇させる可能性があると言われています。

今回ご紹介する研究では、座りすぎ対策としての「立ち上がる」ことが、肩こりや首の痛みの改善にも効果的である可能性が示されました。

“立ち上がる”ことが肩こり・首の痛みに効果的?

この研究では、4つの企業における合計19のオフィスで働くデスクワーカー317名を対象となりました。

対象者は以下の2グループにランダムに分けられました。


■ 仕事中に立ち上がるグループ
仕事中に座っている時間を減らす目的で、sit-stand desk (立っていても仕事が出来るように工夫された机) の導入や長時間座らないようにする、立ちながら会議をするなど、オフィスの環境に合わせた具体的な指示のもと介入を実施

■ 通常通りの仕事を行うグループ

また、全体として3ヶ月間の介入を行い、1ヶ月目と3ヶ月目にアンケートにてカラダの痛み(肩こり・首の痛み、腰痛、脚の痛み)の数とその程度に対する質問を行いました。

そして、グループ間におけるカラダの痛みの変化を比較しました。

介入によって、仕事中に座っている時間が減少した!

まず今回の介入によって、仕事中に”立ち上がる”グループでは、1日の仕事中に座っている時間が1ヶ月の時点で71分減少し、3ヶ月目の時点では48分減少していました。

ここから、今回の介入によって仕事中に”立ち上がる”グループは、仕事中に座っている時間が明らかに減少していたことが分かります。

“立ち上がる”ことで肩こり・首の痛みが改善した!

調査の結果、1ヶ月目の時点ではカラダの痛みに関して、グループ間の変化に違いは認められませんでした。

その後、仕事中に”立ち上がる”グループは、通常通りの仕事を行うグループと比較して、3ヶ月目の肩こり・首の痛みが有意に改善していました。

一方、腰痛と脚の痛みに関しては、3ヶ月目の時点でもグループ間の変化は認められませんでした

また、肩こり・首の痛み、腰痛、脚の痛みの全てを考慮した痛みの程度に関しては、仕事中に”立ち上がる”グループにおいて軽度な改善傾向が認められました。

すなわち、“立ち上がる”ことは肩こり・首の痛みには有効ですが、カラダ全体の痛みの改善効果は小さい可能性があると解釈することが出来ます。

今回の研究結果を解釈する際の注意点

今回の研究の限界として、痛みを3つの部位しか聴取出来ていないことや、仕事中に”立ち上がる”介入を3ヶ月間(短期間)しか実施出来ていないことが挙げられます。

つまり、現状は”立ち上がる”ことの効果は、部位・期間ともに限定的であるため、今回の結果の過剰な解釈には注意して下さい。

仕事中に”立ち上がる”ことで肩こり・首の痛み対策を!

肩こり・首の痛みは酷くなると、デスクワークの効率低下や日常生活の障害にも繋がりかねません。

今回ご紹介した研究結果から、スタンディングデスクの導入や、長時間座らない様に意識をする立ちながら会議をするなど、座りすぎを減らすような対策をオフィスの環境に合わせて導入すると良いかもしれません。

仕事に集中してしまうとついつい座りっぱなしになってしまう事もありますが、意識して”立ち上がる”ことで、肩こり・首の痛み対策をしてみてはいかがでしょうか。

(鈴木祐介)


▼ 参考文献
タイトル:Effects on musculoskeletal pain from “Take a Stand!” – a cluster-randomized controlled trial reducing sitting time among office workers.
雑誌名:Scand J Work Environ Health. 2017 Jul 1;43(4):350-357.
[PMID:28368549]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています