心理的ストレスが肩こり・首の痛みの原因かも!ー28の研究結果からー

監修者青山朋樹 / 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授(医師、Ph.D)

ライター山下真司 / 理学療法士 / 修士号(医学)

肩こりとストレス

(c) Monet - Fotolia.com

【記事のポイント】
1. 肩こりの原因は、姿勢などの身体の原因だけではない。
2. 今回、慢性的な肩こりが心理的ストレスと関連していることが明らかとなった。
3. ストレスを自身でコントロールできるようになると、肩こりがラクになるかもしれない。

肩こりは現代において、腰痛と並んでとても多い症状の一つです。

肩こり対策に、姿勢を意識したり、温めたり、マッサージをしたり、いろいろ試してみるものの、一向に良くならないと感じている方も多いのではないでしょうか。実は肩こりは姿勢などの身体的要因だけが原因ではなく、心理的要因も考慮することが重要となります。

分かりやすい例として、緊張すると、肩に力が入りますよね?肩周りの筋肉はストレスに敏感なのです。

今回は心理的ストレスと肩こりや首の痛みの関係について、これまでに公開されてきた28の研究結果をまとめた研究をご紹介します。

過去の報告をまとめた最も質の高い研究法

今回ご紹介する報告は、医学文献データベースを用いて過去の研究を検索し、その中から質の高いものを集めて解析を行う、科学的信頼性が最も高いと言われる「メタ解析」という手法を用いました。

2人の研究者がそれぞれ6つの医学文献データベースを用いて過去の研究を検索し、抽出作業を行いました。検索に用いた単語は、下記のものを組み合わせて行いました。


■ 「痛み」「筋肉」といった単語
■ 「首」「肩」「腕」といった部位を示す単語
■ 「ストレス」「不安」といった心理的ストレスに関する単語

抽出作業の際には、Newcastle-Ottawaスケール・PEDroスケールというツールを用いて、その研究の質を確認しました。合計で3408の論文が検索でヒットし、その中でも質の高い28の論文の内容を細かく確認した結果、最終的に4つの論文を解析に使用しました。

長期間の肩こり・首の痛みは心理的ストレスと関連していた

4つの研究(合計の対象者数8944名)を用いて解析を行った結果、慢性的な首の痛みや肩こりには心理的なストレスが関連し、心理的ストレスが高いことによる肩こり・首の痛みになるリスクは2.33倍高くなることが明らかとなりました。

しかしながら、不安と肩こり・首の痛みに関しては、明らかな関連を認めませんでした。その理由の一つとして、著者らは、両者の関係を説明するだけの報告が十分でなかったと述べています。今後、更なる研究の蓄積が必要となります。

ストレス解消が肩こりにも効く?!

今回ご紹介した報告から、慢性的な肩こりには心理的ストレスが関連していることが明らかとなりました。

心理的ストレスの原因としては、仕事量が多い、同僚や上司のサポートが少ないといった様々な要因が考えられます。

シンプルな対策方法の1つは、自分がストレスを感じたときに、その時に「頭に何が思い浮かんだか?」と自問することです。そして、その考え以外の違う、バランスの取れた建設的な視点から考えることはできないかと考えることです。

例えば、同僚に仕事終わりに飲みに誘おうとして、断られた時に落ち込んだとします。その時に「Aさんは私のこと嫌いなのかな?」という考えが頭に浮かんだとします。そんな時に「たまたま仕事が立て込んでて、仕事が忙しいから断っただけだろう。」と考えると、その時に感じたマイナスの感情も和らぐと思います。

ここで伝えたいのは、ストレスそのものを変えるのは難しくても、考え方は変えて、ストレスはコントロールできるということです。

その他の手段として、マインドフルネスというものがあります(マインドフルネスの方法7選を学んで、腰痛を改善しよう!)。過去に腰痛対策としてお伝えしましたが、肩こりでお悩みの方にも効果的ですので、一度試してみるのも良いでしょう。

また、「肩こりと頭痛がひどい!その原因と対策をご紹介!」でお伝えしたような有酸素運動も効果的です。ポイントとしては、まずはご自身のペースで無理のない範囲から運動を始めていきましょう。週3回程度の運動が習慣化してくると肩こりの程度も減少してくるかもしれません。

(山下真司)


▼ 参考文献
タイトル:Is there a relationship between psychological stress or anxiety and chronic nonspecific neck-arm pain in adults? A systematic review and meta-analysis.
雑誌名:J Psychosom Res. 2016 Nov;90:70-81.
[PMID: 27772562]

  • *当記事は、健康に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の医学的見解・治療法を支持・推奨するものではございませんので、ご了承ください。
  • *本サービスにおける医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではございません。そのため、本サービス上の情報や利用に関して発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。なお、診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関にて受診いただきますことをおすすめいたします。

あなたにあった腰痛予防があります!

腰痛予防マニュアル
無料ダウンロード 

腰痛といっても、人によってその原因も違えば、対策も変わってきます。その中でも特に職業は腰痛と密接な関係があります。そのため、職業ごとに適した対策をしていくことが重要となります。

  • デスクワークが多い人
  • 肉体労働が多い人
  • 立ち仕事が多い人
  • 運転をすることが多い人

それぞれの職業に合った対策を凝縮した『腰痛予防マニュアル』を早速ダウンロードして、今日から腰痛対策をはじめてみませんか?

メールアドレス



SNSで購読

こちらも読まれています